\ 楽天でお買い物♡ /


おかき

『北菓楼(きたかろう)』の北海道の厳選素材にこだわった米菓「開拓おかき」、ひと口いかが?

更新日:

『北菓楼(きたかろう)』の「開拓おかき」

北菓楼(きたかろう)』は、北海道の札幌市から北へ約80km、父なる山「ピネシリ」と母なる川「石狩川」に抱かれた小さな町「砂川」で誕生したブランドです。

四季折々の美しい自然あふれるこのまちで、北海道の素材にこだわり、妥協のないお菓子づくりを続けています。

北菓楼』と言えば、先日、『マツコの知らない世界』(2019/8/27放送)で、バウムクーヘン「 妖精の森」が紹介されていましたね。

今回は、その『北菓楼』の北海道の素材にこだわったおかき「開拓おかき」をご紹介します。

▽こちらは、「北海道開拓おかき5袋入り」です。

北菓楼,北海道開拓おかき,5袋入り

 

厳選されたもち米、北海道産の塩を使用するなど、北海道の素材にこだわったおかきです。

米研ぎから蒸し、餅つき、熟成、乾燥、油揚げ、味付けまで、昔ながらの製法で7日間もの時間をかけて手作りしています。

昆布味」は「えりもの昆布」、「帆立味」は「オホーツク枝幸の帆立」、「秋鮭味」は「標津の秋鮭」、「いか味」は「松前の真いか」、「甘エビ味」は「増毛の甘エビ」というように、お餅にそれぞれの海の幸が練りこまれ味わい・風味ともに豊かで香ばしいおかきに仕上がっています。

また「帆立味」には帆立の耳、「えりも昆布味」には、えりも昆布そのものが入っているなど、それぞれの味にあわせたアクセントとして"おつまみ"が入っているところも人気の秘密。

マカロン
お酒の肴にもぴったり♡

テレビや雑誌などの紹介も多く、最近では映画にも登場するなど、話題性も抜群です!

 

1袋 170g 入っています。

▽こちらは、甘えびです。

しっかりとした歯ごたえと、奥歯にくっつく粘り!

増毛の甘エビ」が、お餅に練り込まれています。

マカロン
増毛!?
言っとくけど「ぞうもう」じゃないわよ!ましけって読むのよ
カトリーヌ

増毛(ましけ)町産の新鮮甘エビは、口の中でとろける食感でありながら、しっかりとした味わいです。

その甘エビが、おかきに練り込まれています。

▽参考までに、こちらの動画をご覧ください。

(こちらは遠藤水産の動画です。)

 

おかきの種類に合わせたおつまみが入っています。

 

原材料は次の通り。

餅米(国産)、えび、植物油脂、食用米油、鮭、食塩、エビ調味パウダー、 調味料(アミノ酸等)、香料、加工デンプン、ソルビット、L-グルタミン酸Na、 トレハロース、焼成カルシウム、米醗酵調味料、醗酵調味料?、増粘多糖類、 (原材料の一部に小麦、乳、いか、りんごを含む)

 

賞味期限は、お届け予定日から約14日

マカロン
2週間っておかきにしては短い気が…
香ばしく、パリパリのおかきの限界は、そこなのよ
カトリーヌ

この2週間の間は、香ばしく、パリパリのおかきを美味しく味わえます。

▽こちらは、帆立

オホーツク枝幸」の帆立が使われています。

マカロン
出た!オホーツク!

オホーツク海は、世界3大漁場といわれるほど、水産資源が豊かな海です。

そして、地球上で流氷が流れ着く最南端として広く知られてます。

マカロン
「枝幸」ってなんて読むの?
えさしって読むのよ
カトリーヌ
マカロン
北海道の地名の漢字の読み、独特すぎ

オホーツク枝幸」の帆立は、知る人ぞ知るブランド帆立です。

流氷の恩恵と豊かな森林から生まれる栄養をギュッと詰まっていて旨味が強く、とても美味しいと大評判!

身のプリプリした締まり具合、そして、ホタテならではの甘みは日本一!と、プロの料理人も認めるほど。

そんな「オホーツク枝幸」の帆立が練り込まれたおかきです。

マカロン
お~い!日本酒持ってこ~い
ちょっと、あんた!もうできあがってるでしょ?
カトリーヌ

原材料は次の通り。

餅米(国産)、ホタテ貝柱ホタテ貝ひも、植物油脂、食用米油、食塩、砂糖、 醤油、唐辛子、ホタテ調味パウダー、ホタテエキス、米醗酵調味料、ソルビット、 調味料(アミノ酸等)、酢酸、トレハロース、リン酸塩(Na)、加工デンプン、 香料、カラメル色素、(原材料の一部に小麦、大豆、ゼラチン由来を含む)

 

▽こちらは、昆布。

「えりもの昆布」が使われています。

マカロン
「えりもの昆布」?
えりも町で採れる昆布のことよ
カトリーヌ

えりも町は、北海道の東南端に位置し、豊かな水産資源と雄大な自然景観に恵まれた漁業と観光のまちです。

えりも町で採れる昆布は、「日高昆布」で、日高地方で水揚げされる日高昆布65%以上が、えりも町内で水揚げされたものなんです。

養殖はしておらず、すべてが天然昆布。

マカロン
あぁ、日高昆布のことかぁ!

寒流と暖流が交わる襟裳岬周辺の栄養分豊かな海で育った天然昆布は、乾燥機等も使わず天日乾燥で製品となるため、無添加完全自然食品です。

日高昆布は、くせのないうまみがありだしはもちろんのこと、佃煮昆布巻き等の煮物にも使える万能型昆布です。

▽こちらの動画も、ぜひ、ご覧ください。

マカロン
わたしたちは自然に生かされてるんだね
とっても感動してしまうわ♡
カトリーヌ

 

原材料は次の通り。

餅米(国産)、植物油脂、食用米油、昆布、醤油、食塩、(原材料の一部に小麦を含む)

本製品工場では、いか、えび、さけを含む製品を生産しています。

 

 

▽こちらは、秋鮭

標津の秋鮭」が使われています。

マカロン
標津?
しべつと読むのよ
カトリーヌ

 

▽標津町のみどころ30選、動画でご覧ください。

▽こちらの秋鮭味には、日本有数の鮭処「標津産」の秋鮭が使われています。

おかきと一緒に、秋鮭の身のおつまみも入っています。

標津(しべつ)では、漁獲から水揚げ、そして競りにかけられるまで徹底した鮮度保持を行っています。

秋鮭の特徴は、他の種類のサケに比べて脂肪分が少なく、ヘルシーです。加工に最適なんだとか。

北菓楼』の開拓おかきに入っている「おつまみ」が、香ばしく、パリパリとした食感なのもこのためです。

原材料は次の通り。

餅米(国産)、植物油脂、米油、鮭調味パウダー、食塩、鮭魚醤、米発酵調味料、還元水飴、調味料(アミノ酸等)、ソルビトール、加工デンプン、香料、二酸化ケイ素、くん液、酸化防止剤(V.E)、pH調整剤、微結晶セルロース、(原材料の一部に小麦、えび、大豆、鶏肉を含む)

本製品工場では、いかを含む製品を生産しています。

 

▽そして最後は、いかです。

松前の真いか」が使われています。

松前町(まつまえちょう)は、北海道南部の渡島半島南西部に位置する渡島総合振興局管内にある町です。

かつては松前藩の松前城城下町であり、藩の政治・経済・文化の中心地として栄えました。

この町では、蝦夷(えぞ)地と呼ばれていた時代から漁業を主体とした海産物の生産地として栄え、明治の末頃から、本格的にスルメイカ漁行われるようになりました。

いかのおかきって、おもしろいわね
カトリーヌ

マカロン
食べ出したら、止まらないやつだ

 

原材料は次の通り。

餅米(国産)、植物油脂、食用米油、いかイカ調味パウダー、食塩、砂糖、醤油、醸造酢、調味料(アミノ酸等)、香料、ソルビトール、二酸化ケイ素、加工デンプン、酸味料、甘味料(ステビア、カンゾウ)、カラメル色素、(原材料の一部に小麦、卵、大豆、ごま、ゼラチンを含む)

 

▽以上、5種類のおかきが入ったセットがこちら

北菓楼,北海道開拓おかき,5袋入り

 

[セット内容]

各1袋

  • 甘えび
  • 帆立
  • 昆布
  • 秋鮭
  • いか

 

かつて、どの家庭でもお正月には大きな鏡餅をお供えし、家族みんなで新しい年を祝ったものです。

そして、当時の子供たちの楽しみが『鏡開き』の日。

ひび割れて固くなった餅を木槌で割り、細かく砕いたものをお母さんが揚げてくれる。

決して豊かではなかった時代の特別なおやつでした。

開拓おかき」は、そんな古き良き時代を偲んだ米菓です。北菓楼,北海道開拓おかき,5袋入り

 

北海道開拓おかき5袋入り

税込 2,380 円 (本体価格 2,204 円)
送料 : 税込 486円
(大丸松坂屋オンライン)

北海道開拓おかき5袋入りを見る

 

他にも、たこやたらこ味があります。

▽こちらは、柳だこ

 

▽こちらは、虎杖浜たらこ

 

▽北海道砂川市のふるさと納税もこちらからお申込みできます。

 

 

お母さんが揚げてくれた鏡餅の食感を再現する、懐かしくもおいしい、ぬくもりのあるおかき。

ぼりっとした歯ごたえと、奥歯にくっつくほどの粘り。

今ではすっかり珍しくなってしまった、昔ながらのおかき本来の味わいをお楽しみいただけます。

 

 

そして、2019/8/27に放送されたマツコの知らない世界で紹介された『北菓楼』のバウムクーヘン「妖精の森」も、ぜひ、お試しください。

北海道の恵まれた素材を使い、伝統の配合と独自の製法で一層一層じっくりと時間をかけて焼き上げたバウムクーヘン。

生地にほどよいふくらみと極上のしっとり感を生み出すのは、試作を繰り返して辿り着いた北海道産の小麦。

新鮮な牛から絞られた牛乳を原材料とした生クリーム、長時間の加熱でも風味が衰えない北海道産のたまご。

そして、ミネラル分を豊富に含んだ天然水。

妖精の森」は、これらの厳選素材を生かし、北菓楼独自の窯でじっくりと丁寧に焼き上げています。

 

北海道の厳選素材にこだわった”しっとりバウムクーヘン”、ぜひ、ご賞味ください。

 

\おいしいスイーツはこちら /


《2022年バレンタインチョコ ブランド》

バレンタインチョコ
 おかき・フィナンシェ
 抹茶のチョコレート
 チョコ菓子
 和菓子屋のチョコ

 * * * * *

 赤坂柿山
 ア・ラ・カンパーニュ
 モロゾフ
? アンテノール
 アンリ・シャルパンティエ
 イヴ・チュリエス
 伊藤久右衛門
 ヴァンデンダー
 ヴィタメール
 VESTRI
 ヴェルディエ
 宇治園
 王様堂本店
 カカオ サンパカ
 かきたねキッチン
 カファレル
 Galler(ガレー)
 祇園辻利
 きのとや
 九州焼酎菓蔵
 
銀座鈴屋

 銀座千疋屋
 グイド・ゴビーノ
 クラブハリエ
 グラマシーニューヨーク
 黒船
 桂新堂
 神戸風月堂
 コートクール
 ゴディバ
 ゴンチャロフ
 ゴンチャロフ アンジュジュ
 ゴンチャロフ ジェンティ&リンフォード
 ゴンチャロフ&マイメロディ
 ゴンチャロフ メゾンドボンボン
 コンパーテス
 さくらパンダ
 サロンドロワイヤル京都
 シーキューブ
 ジェイムKOBE
 資生堂パーラー
 ジャン=シャルル・ロシュー
 ジャン=ミッシェル・モルトロー
 春華堂
 新宿高野
 ステットラー
 ZOOLOGY
 ずんだ茶寮
 セゾンファクトリー
 セントー
 宗家 源 吉兆庵
 ダロワイヨ
 チーズガーデン
 鶴屋吉信
 帝国ホテル
 デジレー
 デルレイ
 ドゥルミアン
 ドライマイスタードイツ
 とらや
 中村藤吉本店
  ノイハウス
 NOX ORGANICS
 Noix(ノワ)
 パティスリー モンシェール
 パティスリー・サダハル・アオキ・パリ
 パティスリーショコラトリーリベルテ
 パティスリーヤナギムラ
 ビアンクール
 ピエール マルコリーニ
 ピエール・エルメ・パリ
 ピエール・ルドン
 フェスティバロ
 フーシェ オリンポス
 ブボ バルセロナ
 ブノワ・ニアン
 ブリュイエール
 フルール クール
 ブルガリ イル・チョコラート
 プレスタ
 プレスバターサンド
 フレデリック・ブロンディール
 本高砂屋
 マールブランシュ
 マリアージュ フレール
 メサージュ・ド・ローズ
 メゾン ショーダン
 メゾン・ドゥ・イッテー
 メリーチョコレート
 メリーチョコレート 奏
 メリーチョコレート グレイシャス
 メリーチョコレート つわもの
 メリーチョコレート × 蓬莱泉
 モロゾフ
 モロゾフ・アミティエ
 
レオン byモロゾフ

 モンロワール
 ユーハイム
 ユーハイム・ディー・マイスター
 ラ・メゾン・デュ・ショコラ
 ラ フェヴァリ
 ラベイユ
 両口屋是清
 紫野和久傳
 リンツ
 ルシャトー
 レーヴ・ドゥ・ビジュー
 レーマン
 レオニダス
 レスポワール
 ロイズ
 ロクメイカン

-おかき
-, , ,

Copyright© マカロン タイムズ , 2022 All Rights Reserved.