青カビチーズ

クセがすごい!青カビチーズの王様【ロックフォール】

更新日:

世界3大ブルーチーズ、フランス「ロックフォール」


ロックフォール」は、真っ白なチーズの地肌に青カビの鮮やかな模様が美しいチーズです。

独特のピリッとした刺激と、クリーミーな味わいのハーモニーが楽しめます。塩分も多く、非常に個性的な味わいが特徴的です。 ロックフォール,

95gで821円でした。

青カビチーズの王様、「ロックフォール」

チーズ好きが行き着くところは最終、ブルーチーズ、といわれています。

その極めつけは、「ロックフォール」です。

ロックフォール」は、イタリアのゴルゴンゾーラ、イギリスのスティルトンとともに、 世界三大ブルーチーズと呼ばれています。

その中でも、2000年以上の歴史を誇り、"青カビチーズの王様"とたたえられているのが、 この「ロックフォール」です。

この世界三大ブルーチーズの中で唯一、のミルクを原料としています。 真っ白なボディに美しい青緑色のマーブル模様。 喉から鼻孔にツーンと突き抜けるような青かびの刺激と、クリーミーなチーズとが相まった印象強い味はチーズ好きを唸らせます。

ロックフォールの美味しい食べ方を探求

基本は、カットしてそのままワインと一緒に食べます。

マカロン
そのまま食べるとクセが凄い!
確かにそうね
カトリーヌ

バゲットやクラッカー、ドライフルーツと一緒に食べてもいいですね。ロックフォール,ドライフルーツとクラッカー

 

ハチミツと合わせてマイルドに

ロックフォール」の風味がちょっとキツいなと感じたら、ハチミツをかけて食べると、刺激を抑えてくれ、まろやかになって、食べやすくなります。

ドライフルーツジャムナッツクルミなどを添えても合います。 パンならフルーツが入ったパンがおすすめです。

寒い夜は、ホットワインで温まります。ホットワインが少し甘いので、ロックフォールのクセを抑えてくれる(ような気がします。) 洋梨にロックフォールがのせられていてドライフルーツがテーブルに並べられている

洋梨×ロックフォール

洋梨と合わせるのも、通の食べ方。

ロックフォールとドライフルーツとハチミツの瓶が並べられている

洋梨の上にロックフォールをのせて食べると、高級なデザートのようになります。

マカロン
おいしい~♡

ロックフォールも、ゴルゴンゾーラと同じように、ハチミツをかけると、食べやすくなります。 ロックフォールがのった洋梨にハチミツがかけられている

白イチジクは、白ワインにも赤ワインにも合います。 ロックフォールがのせられた洋梨と白いちじく

 

プレーン×ロックフォール

プレーンとも合わないことはない。

ロックフォールがのっているとプレーン

ちくわ×ロックフォール

日本酒を飲むときに、ちくわと一緒に食べてみました。 ちくわ

マカロン
ちくわ?

ちくわの穴に、ナイフですくったロックフォールを詰めておつまみに。 ちくわにロックフォールをつめたもの

う~ん…。合わないことはない…かな…
カトリーヌ

どちらかというと、クリームチーズのほうが合うのではないでしょうか。

ロックフォールをちくわの穴に、全部詰めてしまうと濃いので、少しだけでいいでしょう。
冷蔵庫にあるもので、適当に組み合わせて試してみるのも面白いですね。

やっぱりクセがあるロックフォール

チーズの中でも別格の完成度と存在感を誇るロックフォールなだけに、強い個性があるので、苦手な方も多いかもしれませんね。

いろいろと食べているうちに、ある日、突然その美味しさに目覚めたりすることがあります。 それに、状態の良いものに出会えれば、案外、ハマるかもしれません。

ゴルゴンゾーラはクセがある!」 なんて思っていていても、ロックフォールを食べると、ゴルゴンゾーラが異様に食べやすいと感じるようになったりします。 それくらい、ロックフォールはクセが強い

ロックフォールの名前の由来

ロックフォール」は「羊飼いが、フランスのロックフォール村にある洞窟に置き忘れたチーズに、偶然青カビが生えたのが始まり」とも伝えられる、フランス最古のチーズです。

このロックフォールを熟成する洞窟がある、ロックフォール・シュル・スールゾン村の名前に由来します。

羊乳で作られるシャープな青カビの風味

塩味がやや強く、刺激的でシャープな青カビの風味を味わえます。

羊乳独特のコクと旨味も感じられ、なめらかな舌ざわりが楽しめます。 けっこう青カビチーズ独特の風味が強いので、普通に食べたら、ズキューンと脳髄を打ち抜かれるような強烈な刺激を感じます。


香りも強いです。

さすがのチーズ好きでも、最初はキツめに感じるかもしれないですね。

青カビチーズ初心者がいきなり、このチーズを食べたら、ちょっとトラウマになったりして。

一方、青カビ好きの方には堪らない味わいで、こんなに香りや塩気は強いのに、食べるとスゥーっと溶けて無くなってしまうような触感に感動します。まさしく通好みの味と言えるでしょう。 ロックフォール,

ロックフォールの詳細

原産国/地方 フランス/ルエルグ
風味 羊乳のコクと青カビ特有のピリッとした風味。香りもさ華やかな、味わい深いチーズ。
食べやすさ ☆☆☆☆
年間
乳の種類
乳脂肪分 52%
よく合うドリンク 甘口で濃厚な味わいの白ワイン、ソーテルヌ、またはポートワイン。
よく合うフード 香ばしいナッツの味がチーズの強さにマッチするくるみ入りのパンなど。

 

ロックフォール・シュル・スールゾン村の洞窟

フランス南部、ミディ・ピレネー地方の荒涼とした大地の中に忽然と姿を現す巨大な岩山。 この山肌にへばりついたような人口700人にも満たない小さな集落があります。 その村の名前がロックフォール・シュル・スールゾン村です。 ここの岩山のこの洞窟で熟成したものだけが、ロックフォールと名乗ることができるのです

マカロン
そうだったんだ!

「ロックフォールは」2つの偶然があったからこそできた。

その偶然とは?

まず1つめ。この洞窟に自然に存在していたチーズに最適な青カビ、「ペニシリウム・ロックフォルチ」がこの洞窟に自然に存在していたこと。

このカビ無しでは、「ロックフォール」は生まれなかったと言っても過言ではありません。

2つめが、「フルリーヌ」。

フルリーヌとは、洞窟内を流れる風のことです。 洞窟がある岩山のコンバルー山にはたくさんの亀裂があり、その亀裂から流れ込む外気がフルリーヌです。

そのフルリーヌのおかげで、洞窟の中にはいつも冷涼な風が漂い、1年を通して熟成に最適な湿度と温度が保たれます。

ロックフォール」は、この村の洞窟で最低3か月熟成した後でないと、出荷してはいけないと決められています

いろいろ厳しい条件があるのね
カトリーヌ

ロックフォールの旬は秋以降

ロックフォール」の製造は、羊がミルクを出す冬から夏にかけてのみ。 その時期に作られたロックフォールが十分な熟成を経て美味しくなるのが秋以降です。

そういう訳で、ロックフォールは秋以降が旬のチーズと言われています

ぜひ、ワインのおともに、お料理のアクセントに、パーティーにといろいろ試してみてください。

 

▼美味しいチーズは「オーダーチーズ」で!

-青カビチーズ

Copyright© マカロン タイムズ , 2020 All Rights Reserved.