\ 楽天でお買い物♡ /


青カビチーズ

日本に最初に紹介された青カビチーズ「ダナブルー」はコスパがいい!

更新日:

ロックフォールをお手本にしたデンマークのブルーチーズ「ダナブルー」

日本に最初に紹介された青カビチーズ「ダナブルー」は、デンマークで世界輸出用に作られたブルー・チーズです。

あまり知られていませんが、デンマークは、チーズ生産と輸出が盛んです。

デンマークのチーズの特徴は、他の国のチーズをお手本にしたチーズが多いということ。

そして、このダナブルーはフランスのロックフォールをお手本にしたチーズです。 ダナブルー,キャステロのブルーのパッケージ

フランスの有名な青カビチーズ、「ロックフォール」を真似て作り、当初は ダイニッシュ・ロックフォール」 と名付けていましたが、フランスから厳重な抗議を受け、 ダニッシュ・ブルー」 と改名し、さらに名前が長すぎる、ということで ダナブルー」 と短縮したという、いわく付きのチーズなんです。

マカロン
どんだけ?

それもそのはず。 「ロックフォール」と名付けていいのは、厳格な条件を満たしたものだけだからです。

詳しくはロックフォールのページへ

ロックフォールのように強めの塩味と、シャープな青カビの刺激が特徴で、値段も手頃なのが人気。 ダナブルー,キャステロのブルーのパッケージ

このダナブルーは、フランスのロックフォールの伝統的な製法にならい作られました。

違いは何かしら?
カトリーヌ

少し違うのが、ロックフォールが無殺菌のの生乳を使っているのに対し、ダナブルーは殺菌したの生乳を使っているというところ。

羊のミルクは牛のものより脂肪分が高く、コクのあるチーズが作れるのですが、山羊のミルクと同じように独特のクセがあり、羊のミルクに慣れていない人には少し抵抗のある味です。

ダナブルーはロックフォールをお手本にしただけあって、ロックフォールとよく似た味ですが、牛の生乳を使っているので、チーズ自体の味にはそこまでクセがない。 だから、食べやすいんです。 プレートにダナブルーがのっている状態

だけど、青カビがチーズの内部でしっかりと繁殖しているので、青カビタイプのチーズの特徴でもあるシャープな辛みやピリッとした刺激は強め。 青カビの繁殖がものすごい。

ダナブルー

マカロン
青カビ三昧じゃん!

見た感じ、くどい味なんじゃないかと思ってしまいそうですが、全然そんなことはありません。

初心者には、多少食べにくいと感じるかもしれませんが、青カビタイプのチーズが大好きという人にはコスパもいいのでおすすめです。 ダナブルー,キャステロのブルーのパッケージを横から見た状態

デンマークのチーズは、他のヨーロッパ各国のチーズに比べて、値段が少し安いのが特徴です。

この「ダナブルー」も100gあたり500円くらいで買えたりします。つまり、ロックフォールの半額以下で買えるということです。
料理に青カビチーズを使おうと思っているのなら、お得な値段で買えるダナブルーはおすすめです。

ダナブルーの詳細

 

原産国/地方 デンマーク
風味 薄めの塩味と、ピリッとしたシャープな刺激。日本に最初に輸入されたチーズ。
食べやすさ ★★★★
年間
乳の種類
乳脂肪分 50%
よく合うドリンク チーズの刺激をやわらげる重厚でしっかりとした腰のある赤ワイン。
よく合うフード コクのある香ばしいライ麦パン。

 

ダナブルーの食べ方

パーティーのオードブルやおつまみとしてパンにのせて食べるのもいいです。 パーティーの様子。テーブルにいろいろな料理が並べられている

カトリーヌ
Bon appétit (ボナペティ)

飲み物はフルボディの赤ワインを合わせたいところですが、この日は、ロゼで合わせてみました。

他にも、甘口の白ワインやグレープやベリー系の甘口ジュースとも合います。

ル・シュクレクール (LE SUCRE-COEUR)のパンと一緒に食べると、本当に美味しい! パンにダナブルーをナイフで塗っている様子

マカロン
あぁ、幸せ♡

パンにダナブルーを塗った状態

これは青カビチーズ全般に言えることですが、甘いものとの相性が良い。 チーズプレートにいろいろな種類のチーズが並べられいて、ドライフルーツが周りに散らされている

ジャムやハチミツと食べると、食べやすくなります。 ボンヌママンのストロベリージャムとハチミツ

ハチミツを垂らして食べるとチーズの塩気とハチミツの甘さでマイルドになるんです。 ダナブルーをのせたパンにスプーンでハチミツを垂らしている様子

このダナブルーはブルーチーズの中では、値段も手ごろで品質も良く、シャープな青カビの刺激も感じられるリピートしやすいチーズです。

 

 

▼美味しいチーズは「オーダーチーズ」で!

\おいしいスイーツはこちら /


《2022年バレンタインチョコ ブランド》

バレンタインチョコ
 おかき・フィナンシェ
 抹茶のチョコレート
 チョコ菓子
 和菓子屋のチョコ

 * * * * *

 赤坂柿山
 ア・ラ・カンパーニュ
 モロゾフ
? アンテノール
 アンリ・シャルパンティエ
 イヴ・チュリエス
 伊藤久右衛門
 ヴァンデンダー
 ヴィタメール
 VESTRI
 ヴェルディエ
 宇治園
 王様堂本店
 カカオ サンパカ
 かきたねキッチン
 カファレル
 Galler(ガレー)
 祇園辻利
 きのとや
 九州焼酎菓蔵
 
銀座鈴屋

 銀座千疋屋
 グイド・ゴビーノ
 クラブハリエ
 グラマシーニューヨーク
 黒船
 桂新堂
 神戸風月堂
 コートクール
 ゴディバ
 ゴンチャロフ
 ゴンチャロフ アンジュジュ
 ゴンチャロフ ジェンティ&リンフォード
 ゴンチャロフ&マイメロディ
 ゴンチャロフ メゾンドボンボン
 コンパーテス
 さくらパンダ
 サロンドロワイヤル京都
 シーキューブ
 ジェイムKOBE
 資生堂パーラー
 ジャン=シャルル・ロシュー
 ジャン=ミッシェル・モルトロー
 春華堂
 新宿高野
 ステットラー
 ZOOLOGY
 ずんだ茶寮
 セゾンファクトリー
 セントー
 宗家 源 吉兆庵
 ダロワイヨ
 チーズガーデン
 鶴屋吉信
 帝国ホテル
 デジレー
 デルレイ
 ドゥルミアン
 ドライマイスタードイツ
 とらや
 中村藤吉本店
  ノイハウス
 NOX ORGANICS
 Noix(ノワ)
 パティスリー モンシェール
 パティスリー・サダハル・アオキ・パリ
 パティスリーショコラトリーリベルテ
 パティスリーヤナギムラ
 ビアンクール
 ピエール マルコリーニ
 ピエール・エルメ・パリ
 ピエール・ルドン
 フェスティバロ
 フーシェ オリンポス
 ブボ バルセロナ
 ブノワ・ニアン
 ブリュイエール
 フルール クール
 ブルガリ イル・チョコラート
 プレスタ
 プレスバターサンド
 フレデリック・ブロンディール
 本高砂屋
 マールブランシュ
 マリアージュ フレール
 メサージュ・ド・ローズ
 メゾン ショーダン
 メゾン・ドゥ・イッテー
 メリーチョコレート
 メリーチョコレート 奏
 メリーチョコレート グレイシャス
 メリーチョコレート つわもの
 メリーチョコレート × 蓬莱泉
 モロゾフ
 モロゾフ・アミティエ
 
レオン byモロゾフ

 モンロワール
 ユーハイム
 ユーハイム・ディー・マイスター
 ラ・メゾン・デュ・ショコラ
 ラ フェヴァリ
 ラベイユ
 両口屋是清
 紫野和久傳
 リンツ
 ルシャトー
 レーヴ・ドゥ・ビジュー
 レーマン
 レオニダス
 レスポワール
 ロイズ
 ロクメイカン

-青カビチーズ

Copyright© マカロン タイムズ , 2022 All Rights Reserved.