\ 楽天でお買い物♡ /


京都カフェ

京都へ行ったときはイノダコーヒ本店へ!京都老舗珈琲店。サロンのような雰囲気でアラビアの真珠を味わう

更新日:

京都老舗珈琲店。サロンのような雰囲気でアラビアの真珠を味わう

日本有数の観光地、京都。

京都のカフェで、イノダコーヒをはずせません。

本店は堺町三条にあります。

イノダを愛してやまない地元の人や、観光客に大人気です。

京都には、素敵なカフェや喫茶店はたくさんあるはずのに、歩き疲れて探す気力がない時は、ついついここに行ってしまいます。

いつ行っても、あぁ、来てよかったと思える安定の珈琲店です。

イノダコーヒについて

創業は、1940年(昭和15年)。

最初は海外産コーヒーの卸売りから始め、やがて昭和22年にコーヒーショップをオープンしました。それが今につながっています。

今では京都市内や枚方市樟葉などにいくつか店舗があり、どれも個別の趣きがあります。

人気のコーヒーは「アラビアの真珠」。酸味の強いヨーロピアンテイストのコーヒーです。

年配の方も多く、まるでサロンのような雰囲気で癒されます。行く度に座る席が違うので、どの席もそれぞれ違った魅力があります。

道の途中の三条支店もありますが、どうせなら本店で飲みましょう
イノダコーヒ京都本店,

▽ここがイノダコーヒ本店。

イノダコーヒー京都本店,入口

町家造の旧家にあります。

▽看板をよく見てください。

イノダコーヒ京都本店,看板

お店の名前はイノダコーヒーではなく、「イノダコーヒ」です。

入り口の隣は、また雰囲気が違います。

外装を白壁にした洋館風の看板でCOFFEE COFFEE COFFEEとあります。
イノダコーヒ京都本店,店の前

もともと、先代のイノダ氏は、この辺りに雑貨店を営んでいて、商品の雑貨を輸入する際に珈琲を仕入れていたそうです。

そしてその香りに惹かれご近所様が集まってきたので、珈琲店を構えることになったのだとか。

お店に入ってみました

お店に入ると、ただならぬ老舗オーラがほとばしっています。

でも、古いテレビや天井のランプなどのインテリアが置かれていて、堅苦しくはないので落ち着きます。

お店に行く度に座る席が違い、どの席もそれぞれに違った魅力があります。

今回はどんな席を案内されるんだろうとドキドキわくわくしてたら、奥のとってもかわいい部屋に通されました。

町屋の狭いイメージとは対極な開放感もある意外性に驚きます。

中庭が見える素敵な部屋。
イノダコーヒ京都本店,中庭が見える席
広く大きな窓が印象的。

このように、外観はレトロなたたずまいの町家なのに、店内はまた雰囲気が違って、洋風のサロンのような様相だったりして、ギャップにやられます。

緑いっぱいの素敵な中庭を眺めながら食事できる素敵なお席です。
イノダコーヒ京都本店,中庭が見える席

窓から見えるレンガもかわいい♡
イノダコーヒ京都本店,中庭が見える席

お手洗いへ行くこの廊下もとっても素敵!

イノダコーヒ京都本店,お手洗い

レンガがアーチ上になっていて、レトロな雰囲気。看板もおしゃれです。

イノダコーヒ京都本店,レンガ

池波正太郎もうなったサンドイッチ

池波正太郎のお勧めのビーフカツサンド(¥1,730)もあります。

池波正太郎は、この「イノダコーヒ」について、こう述べています。

いつきても理屈なしに旨い、
雰囲気、造作、装飾、器物、・・・何をとっても老舗の格調が看て取れる。京都人が誇る名店である。

京都へ行くたびにかならず一度は立ち寄る

と言っています。

また、サンドイッチについては、

近ごろ流行の、ままごとあそびのサンドイッチではない。

男が食べる、サンドイッチなのだ。これを弁当にして列車に乗り込み、冷えた缶ビールとともに味わう楽しみは、何ともいえない。

駅弁などには見向きもしない。

と著書に書かれています。

\ 自分にピッタリの手帳を探す /



イノダコーヒの「たまごサンド」

小腹がすいている時は、たまごサンドを頼みます。

たまごサンド 650円(税抜き)
イノダコーヒ京都本店,たまごサンド

これがまた、驚くほどおいしいんです。

こんなおいしいたまごサンド食べたことない!

塩も添えられてて、これをパッパッとかけると魔法をかけたかのように格段と美味しさが増す。

むしゃむしゃむしゃむしゃ…

と、あっという間に、このたまごサンドをたいらげてしまいます。

イノダコーヒといえば、「アラビアの真珠」

イノダコーヒといえば、「アラビアの真珠」が人気です。

アラビアの真珠は創業からのホットコーヒーブレンドです。

初めて行く方は、ぜひ、このコーヒーを試してみてくださいね。

モカコーヒーをベースに、香り、コク、酸味をバランスさせたヨーロピアンタイプの深焙りブレンドコーヒーです。

アラビアの真珠 560円
イノダコーヒ京都本店,アラビアの真珠

このブレンドの他に、コロンビアのエメラルドエクストラプレミアムジャーマンアフリカブレンドというブレンドがありますが、好みを伝えるとブレンドを選んでくれます。

イノダは単なる喫茶店ではなくて、豆の卸売と焙煎メーカーなのです。

コロンビアのエメラルド 560円
イノダコーヒ京都本店,コロンビアのエメラルド
こちらは、コロンビア産のコーヒーをベースに、本格的なアメリカンタイプの浅焙りブレンドしたコーヒーです。

「コーヒには、ミルク、お砂糖を入れるか」を聞かれます。

イノダコーヒーでは、温かい珈琲に、ミルクをあらかじめ入れて出すのが伝統だからなんです。

コロンビアのエメラルドより、アラビアの真珠のほうが圧倒的においしい!

とても美味しく頂きました♡

 

創業当時のお店の再現した洋館ルーム

町家の本館のほうがお席がいっぱいの時は、隣の洋館ルームに通されます。

そこは別世界のような珈琲を味わえる雰囲気が広がっています。

イノダコーヒ京都本店,

創業当時のお店の再現していて、元々はこちらで初代が珈琲店を営んでいたようです。
イノダコーヒ京都本店,
当時の写真が壁にかけられていて、イノダコーヒの歴史を感じる空間です。

素敵…♡

初代が使用した、珈琲ポットや冷蔵庫、赤いソファ席で木のテーブルです。
イノダコーヒ京都本店,

とてもいい雰囲気です。
イノダコーヒ京都本店,
イノダコーヒ京都本店,

京都滞在の朝ごはんもイノダコーヒ 本店へ

ホテルでは朝食を取らずに、わざわざ足を運んでイノダコーヒ 本店に行かれる旅行者も多くいるのが、イノダコーヒ 本店。朝から、少し優雅な気分を味わえます。

◆イノダコーヒ 本店の朝食
◆京の朝食(開店~11:00am)
¥1,230
(ジュース・サラダ・スクランブルエッグ・ハム・パン・コーヒーまたは紅茶)◆ウィンナーセット
¥1,230
(コーヒーまたは紅茶付)

 

まとめ

イノダを愛してやまない地元の方や、京都へ旅行に来た観光客などが多く来店する老舗の珈琲店。年配の方も多く、まるでサロンのような雰囲気で癒されます。

行く度に座る席が違い、どの席もそれぞれに違った魅力があります。多くの方々に愛されてるイノダコーヒ本店へぜひ、行ってみてください。

店舗情報

イノダコーヒ 本店 (INODA COFFEE)

住所 京都府京都市中京区
堺町通三条下ル道祐町140
アクセス 京都市営地下鉄烏丸線・東西線
御池烏丸駅下車 徒歩10分
烏丸御池駅から397m
連絡先 TEL(予約): 075-221-0507
営業時間 7:00~19:00
朝食営業、ランチ営業、日曜営業
休日 無休
情報 公式サイト

 

オンライン・ショッピング

ネットストア こちら

\おいしいスイーツはこちら /


《2022年バレンタインチョコ ブランド》

バレンタインチョコ
 おかき・フィナンシェ
 抹茶のチョコレート
 チョコ菓子
 和菓子屋のチョコ

 * * * * *

 赤坂柿山
 ア・ラ・カンパーニュ
 モロゾフ
? アンテノール
 アンリ・シャルパンティエ
 イヴ・チュリエス
 伊藤久右衛門
 ヴァンデンダー
 ヴィタメール
 VESTRI
 ヴェルディエ
 宇治園
 王様堂本店
 カカオ サンパカ
 かきたねキッチン
 カファレル
 Galler(ガレー)
 祇園辻利
 きのとや
 九州焼酎菓蔵
 
銀座鈴屋

 銀座千疋屋
 グイド・ゴビーノ
 クラブハリエ
 グラマシーニューヨーク
 黒船
 桂新堂
 神戸風月堂
 コートクール
 ゴディバ
 ゴンチャロフ
 ゴンチャロフ アンジュジュ
 ゴンチャロフ ジェンティ&リンフォード
 ゴンチャロフ&マイメロディ
 ゴンチャロフ メゾンドボンボン
 コンパーテス
 さくらパンダ
 サロンドロワイヤル京都
 シーキューブ
 ジェイムKOBE
 資生堂パーラー
 ジャン=シャルル・ロシュー
 ジャン=ミッシェル・モルトロー
 春華堂
 新宿高野
 ステットラー
 ZOOLOGY
 ずんだ茶寮
 セゾンファクトリー
 セントー
 宗家 源 吉兆庵
 ダロワイヨ
 チーズガーデン
 鶴屋吉信
 帝国ホテル
 デジレー
 デルレイ
 ドゥルミアン
 ドライマイスタードイツ
 とらや
 中村藤吉本店
  ノイハウス
 NOX ORGANICS
 Noix(ノワ)
 パティスリー モンシェール
 パティスリー・サダハル・アオキ・パリ
 パティスリーショコラトリーリベルテ
 パティスリーヤナギムラ
 ビアンクール
 ピエール マルコリーニ
 ピエール・エルメ・パリ
 ピエール・ルドン
 フェスティバロ
 フーシェ オリンポス
 ブボ バルセロナ
 ブノワ・ニアン
 ブリュイエール
 フルール クール
 ブルガリ イル・チョコラート
 プレスタ
 プレスバターサンド
 フレデリック・ブロンディール
 本高砂屋
 マールブランシュ
 マリアージュ フレール
 メサージュ・ド・ローズ
 メゾン ショーダン
 メゾン・ドゥ・イッテー
 メリーチョコレート
 メリーチョコレート 奏
 メリーチョコレート グレイシャス
 メリーチョコレート つわもの
 メリーチョコレート × 蓬莱泉
 モロゾフ
 モロゾフ・アミティエ
 
レオン byモロゾフ

 モンロワール
 ユーハイム
 ユーハイム・ディー・マイスター
 ラ・メゾン・デュ・ショコラ
 ラ フェヴァリ
 ラベイユ
 両口屋是清
 紫野和久傳
 リンツ
 ルシャトー
 レーヴ・ドゥ・ビジュー
 レーマン
 レオニダス
 レスポワール
 ロイズ
 ロクメイカン

-京都カフェ

Copyright© マカロン タイムズ , 2022 All Rights Reserved.